創業天保十一年

仁万屋-料亭NIMAYA

日本海の新鮮な魚、三瓶山の山の幸が味わえる老舗料亭「仁万屋」は、
石見銀山遺跡への玄関口にあります。

〒694-0064 島根県大田市大田町大田ハ187
【ご予約専用フリーダイヤル】0120-65-1050

御食事処代官

御食事処代官

御食事処〔代官(だいかん)〕とは、仁万屋の今は亡き三代目名物女将、みちおばあちゃんが開いた一風変わった焼肉を楽しむお店。現在の女将、眞知子がその意志とともに受け継いで、40余年になります。
仁万屋の正面入口の向かって左手にある細い小道をしばらく歩くと、見えてくる御食事処の灯かり。仁万屋の裏手に併設の、路地裏にひっそり構える隠れた御食事処。
それが仁万屋の〔代官〕なのです。


御食事処代官写真

 

普通の焼肉の鉄板とは一線を画す不思議な形。実はこれ、周りを囲む五つの部分ではお肉や野菜を焼きながら、真ん中の丸い部分には、お豆腐や白菜などを入れてお鍋に、と「焼肉料理」と「水炊き料理」が実など同時に食べられる、通称〔代官なべ〕!!
自分の食べる分だけ区切られた鉄板で焼肉ができる気軽さもあり、ご家族から宴会まで幅広くご利用いただけます。
昔にタイムスリップしたような懐かしさを感じる、情緒たっぷりの空間で、たまにはのんびりとお食事を楽しみませんか?

 

御食事処代官写真

 

御食事処 代官で使用している鍋は、5弁の花びらのような独特な形をしていて、焼肉と水炊きが同時に楽しめる鍋です。
仁万屋のある島根県大田市には、その昔銀鉱山として栄えた【石見銀山遺跡】があり、その石見銀山に、江戸中期に代官として赴任してきた「井戸平左衛門(いどへいざえもん)」という人物がいます。井戸平左衛門は、1732年に起こった「享保の大飢饉(きょうほうのだいききん)」の際、自らの命を賭して多くの人を飢餓から救いました。そして貧しい農民を思い、寒い地方でも育つ「芋」の栽培を積極的に促進したことから、『いも代官』と呼ばれ地元で広く慕われており、今もなお語り継がれているのです。
そんな地元の歴史と心を重んじ、後世にも伝えたい・・・〔御食事処 代官〕。

 

御食事処代官写真

 

その特徴的な形には、数々の利点があります。

■お肉を焼く周囲の鉄板には、適度の傾斜があり、席の部分に油脂入れがあります。このため、お肉の脂肪分は油脂入れに流れ込むため、脂っぽさを気にせず焼肉が味わえます。

■鉄板が5つに分かれており、お一人ずつ自分流の焼肉が楽しめます。

■中央の鍋は同時に水炊きができるため、通常の焼肉で食べるよりもはるかにたくさんのお野菜がいただけ、栄養面でも優れています。

 

御食事処代官写真

 

お品書き

御食事処代官のメニューと料金(税込み)です。全てにお野菜がつきます。(※お飲み物は別途料金)

焼肉のたれ『代官』

仁万屋秘伝の焼肉のたれ『代官』も好評です。

■豚肉 1,620円

■牛・豚ミックス 2,160円

■海鮮ミックス 2,700円

■キムチ鍋 2,160円


※御食事処 代官は、事前のご予約が必要です。

※「料亭 仁万屋」でお出ししている通常のお料理もあらかじめご予約いただくと〔御食事処 代官〕にてご提供できます。お気軽にお問い合わせください。

ご予約は・お問い合せはTEL 0854-82-1050※御食事処 代官は、事前のご予約が必要です。