こんな腰痛症状は病院で診断してもらおう

腰痛の症状の中には、安静にしていれば回復してくるものもあれば、病院で診断が必要な深刻な腰痛まであります。
どのような腰痛の症状が、病院での診断が必要になるのでしょうか?

すぐに診断が必要な腰痛の症状とは?

以下のような腰痛の症状があれば、早めに病院へ行き、診断を受けるようにしてください。

  • 動作や姿勢を変えてみても、腰痛に変化がない
  • 神経障害を患っている
  • 骨折を何度も繰り返す
  • 神経障害をもっている
  • アレルギーがあって、ステロイド剤を長期間使用している>

現在、すでに信頼できる整形外科に足を運んで治療を受けているという方も、もし上記にあてはまることがあれば、公的医療機関できちんと診断を受けるようにしましょう。

画像で原因が確定できる腰痛がほとんどで、画像による診断能力は大きいと言えます。

どうして腰痛になってしまうの?

腰痛のうち、85%は原因が特定できないと言われています。
レントゲンだけでは、どんなに腕のいい医師の診断でも、なかなか腰痛の原因を探るのは難しいとされていますが、現代では、レントゲンだけではなく、MRIやCTによる検査でも、原因が特定しやすくなっています。

もちろん、画像に異常があるからといって、必ずしもそれだけが原因ではなく、血液や血管の病気、精神科や婦人科の病気など、整形外科以外の病気から腰痛が発生することもあります。

まずは病院で、適切な診断を受けに行きましょう。